漫画とアニメ☆みんなでいんぱるす

オリジナル創作漫画、同人コミック・アニメのイラストなど

フッター

歴代スーパー戦隊ヒーローの可愛いヒロイン特集①(1970年代~1980年代)

      2019/05/17

<スポンサード リンク>


①「秘密戦隊ゴレンジャー」から「高速戦隊ターボレンジャー」まで(1970年代~1980年代)

歴代スーパー戦隊ヒーローシリーズの”可愛いヒロイン”だけを年代順にご紹介します!(自分で探してみたけど適当なサイトがなかったので、自分のためだけに作成しましたw)

▲「特撮美熟女部」のメンバー

秘密戦隊ゴレンジャー(1975年)

スーパー戦隊シリーズの元祖と呼ぶべき作品。シリーズ最長の2年放送。

ペギー 松山 / モモレンジャー(小牧りさ)
「バトルフィーバーJ」ミスアメリカのスーツアクター&ダイアン・マーチンの吹き替えも担当。

 

ジャッカー電撃隊(1977年)

トランプがモチーフの4人戦隊。視聴率低迷により35話でシリーズ打ち切りに。※後番組には日本版「スパイダーマン」が製作され大ヒット!この成功を活かして翌年より再び戦隊シリーズを復活させた。

カレン 水木  / ハートクイン(ミッチー・ラブ)
本名はミッチー・マーガレット・ラブ。ジャパンアクションクラブに所属。

 

バトルフィーバーJ(1979年)

現在に続く「スーパー戦隊シリーズ」の第1作目として復活。この作品より1年毎に新戦隊へ交代する安定サイクルとなる。

ダイアン・マーチン   /(初代)ミスアメリカ(※本名で主演)
当時の”アグネス人気”に便乗しての外人モデル起用だったが、スケジュール調整が合わず途中交代となる。

 

汀(なぎさ)マリア /(二代目)ミスアメリカ(萩奈穂美)
ダイアンの後任はかなりのプレッシャーだったそうだが、こっちのが全然かわいいと思うw

 

中原 ケイコ / 連絡員(伊東 範子/日髙 のり子)
「タッチ」の浅倉南役でお馴染みの人気声優。女優、アイドル活動を経て声優業へ転身した。

 

電子戦隊デンジマン(1980年)

「〇〇戦隊」という呼称が付いた最初の作品。超科学で戦うヒーロー戦隊。

桃井 あきら / デンジピンク(小泉あきら)
本業はモデル。デンジマンは唯一の女優出演作品。

 

太陽戦隊サンバルカン(1981年)

唯一の全員男の3人戦隊(しかも増員なし!)で、陸・海・空の動物がモチーフの作品。

嵐山 美佐 / 太陽戦隊長官の娘(根本由美)
戦隊基地の通信秘書ながら戦士の自覚もあり、第29話で白バラ仮面として登場した。

 

大戦隊ゴーグルファイブ(1982年)

古代文明がモチーフ。新体操の武器で戦うヒーロー戦隊。

桃園 ミキ / ゴーグルピンク(大川めぐみ)
特撮雑誌『宇宙船』のカバーガールも務めた美人モデル。かなり可愛いですw

 

科学戦隊ダイナマン(1983年)

科学の爆発力で戦うヒーロー戦隊。敵は古代地底人の有尾人(ジャシンカ帝国)

立花 レイ / ダイナピンク(萩原佐代子)
その後、ダイナイエロー/南郷耕作(時田優)と再婚しました(衝撃のダイナ婚w)

 

超電子バイオマン(1984年)

科学の爆発力で戦うヒーロー戦隊。敵は古代地底人の有尾人(ジャシンカ帝国)

小泉 ミカ /(初代)イエローフォー(矢島由紀)
第7話収録あたりで突然番組を降板。仕方なくスーツ姿のままで戦死する脚本に差し替えられたそうですw

 

矢吹 ジュン /(二代目)イエローフォー(田中澄子)
スカートでアクションをやったり、バイクに乗るのが嫌だった。との理由wで、途中から衣装と髪型が変更に。「特撮美熟女部」所属。

 

桂木 ひかる / ピンクファイブ(牧野美千子)
グラビア写真を見た父親の猛反対wにより芸能界を引退するも「特撮美熟女部」として復帰。

 

電撃戦隊チェンジマン(1985年)

地球守備隊から選抜された5人。幻獣をモチーフとしたヒーロー戦隊。

渚 さやか / チェンジマーメイド(西本ひろ子)
テレビドラマ『スチュワーデス物語』でデビュー。現在は芸能界を引退。

 

翼 麻衣 / チェンジフェニックス(大石麻衣)
元ジャパンアクションクラブ所属。「特撮美熟女部」としても活動w

 

超新星フラッシュマン(1986年)

地球守備隊から選抜された5人。幻獣をモチーフとしたヒーロー戦隊。

サラ / イエローフラッシュ(中村容子)
撮影中は「アクションは殺陣を覚えるだけで必死」「爆発が怖いので、できるだけ爆発の位置を遠くしてほしい」と訴えてたそうなw

 

ルー / ピンクフラッシュ(吉田真弓)
JAC出身の女優さんってば、みんな女子プロレスラーみたいに見えるんですよねーw

 

光戦隊マスクマン(1987年)

気功と武術をモチーフとしたヒーロー戦隊。敵は地底帝国チューブ。

ハルカ / イエローマスク(永田由紀)
「特撮美熟女部」のメンバーとして活動中。

 

モモコ / ピンクマスク(前田賀奈子)
テレビドラマなどで女優として活躍。現在は芸能界を引退。

 

超獣戦隊ライブマン(1988年)

スーパー戦隊シリーズ10周年記念作品。動物がモチーフのスーパー戦隊。

岬 めぐみ / ブルードルフィン(森 恵)
第1話の爆発撮影のとき、監督から「死ぬなよ」と言われたことの方が爆発より怖かったそうですw

 

高速戦隊ターボレンジャー(1989年)

平成最初の戦隊作品。第1話は10大戦隊が集結する特別編。メンバー5人全員が高校生のスーパー戦隊。学生らしく青春と自転車がモチーフの作品。

森川 はるな / ピンクターボ(木之原賀子)
現在は料理教室の講師やフードコーディネーターとして活躍。

 

月影小夜子 / 流れ暴魔キリカ(森下雅子)
暴魔の父と人間の母の間に生まれた混血児の女戦士。覚醒前は眼鏡の委員会キャラ。

 

歴代スーパー戦隊ヒーローの可愛いヒロイン特集②(1990年代)へ続きます。

<スポンサード リンク>


人気ブログランキング

にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ
にほんブログ村

 - エンタメ, ブログ 一覧, 最新記事