漫画と映画☆みんなでいんぱるす

漫画アニメ・映画の感想などをつぶやくブログ。

フッター

夏と海とバイクと俺。

      2017/03/07

毎年、夏が来るたびに海へ出掛けるクセがあった。

それも友人等で泳ぎに行くといった華やかな目的ではなく、たった一人で愛車のアメリカンバイクに乗り、目的もなく「海」へ行く。

俺は、糸島半島にある二見ケ浦と、東区にある志賀島の海が特別好きだった。

俺は、海辺や海岸沿いにバイクを止めて適当な場所に腰を下ろすと、後は缶コーヒーを飲みながら、ただひたすら陽が沈むまで「海」を見ていた。

ぶっちゃけ、他人からは「どこのナルシストだ?コイツ…(笑)」と、思われていたに違いなかったが、無理からぬ事だったろう。

数年前、当時の俺はいろいろな事に絶望し、自滅していて全てから逃げ出した。

…そして辿り着いたのが、志賀島(半島なので行き止まり)だった。

そのとき俺は、いくら遠くに逃げ出そうとしても、逃げ出せない“現実と限界”がある事を身をもって知ったのだ…。

俺は愕然として、その場で立ち尽くすだけだった。
<スポンサード リンク>



…やがて、しばらく海を眺めていると、何だか頭の中のモヤモヤがうっすらと晴れてきて、俺は

「この海の向うではどんな人がいるんだろう?今の俺と同じく悩みや苦しみ、ひとり海に来ている人もいるんだろうなぁ。いや、戦争や飢餓で、毎日、死と背中合わせで苦しんでる人も大勢いるんだよなぁ…」

と、そんな、普段は考えないような世界的規模な問題までが浮かび、何だか今の俺が本当にちっぽけに思えてしまって、心の傷も小さくなって消えていったのだ…。

『やはり、海は偉大だ!』

それから、俺は休日になると好んで「海」に会いに行くようになった。
徐々に、ウォークマンや文庫小説を持参して、時間を楽しむ余裕も出てきたのも何だか笑えてしまう。

 

…まあ、それも数年前までの話。最近は、おかげ様で随分と「海」に会いに行っていない。
今夏は休みもあるし、久しぶりに顔を出しに行こうかと思う。

「あれからバイクは変わってしまったけど、俺は変わらず元気でやってるよ!」

…ってね。

(過去日記解説)完全に自分に酔っているというか、病んでた頃の日記ですw 2007年7月

<スポンサード リンク>

【Amazon人気商品☆ベスト】


↑ランキング参加中です!(^^)/

 - ブログ 一覧, 青春の過去日記